~Laylah プロフィール~

オリエンタル(ベリー)ダンサー&インストラクター。
Barbee Mako、Farashaをはじめ国内外多数のベリーダンサーに師事、指導を受ける。
2013年より埼玉県越谷にて Oriental Dance Studio Al Shira を主宰。
以降、池袋や北千住にもスタジオを開設。
エジプシャンスタイルを愛し、現在も本場ベリーダンサーのワークショップに精力的に参加するなど学びを深めている。
優雅で品のあるオリエンタルスタイルに定評がある他、ジプシーフュージョンスタイル、プロップを使ったフュージョン等も踊りこなす。
Al Shira所属ダンサーユニットIxchelと共に様々なショー、イベントに出演中。
指導では、ボディセラピストの経験を生かした身体の使い方からの分かりやすい指導、身体を痛めない踊り方の丁寧な指導が好評。
また占い師の経験を生かし、生徒1人1人に寄り添う指導を心がけている。
外部からの指導依頼も多数、現在の担当クラスは20近くに及ぶ。
FTP認定ピラティスインストラクターでもあり、ピラティス講師としても活動中。

経歴

2008~2010年、P.U.R.E.(BellyQueen、Kaeshi主宰)Tokyo支部にて活動。
2009年、TIBC(東京国際ベリーダンス大会)オリエンタルアンサンブル部門ファイナリスト。
2010年、同大会同部門にて銅賞を受賞。

~Laylah もう一つのプロフィール~

私は、元は会社勤めをしていました。
イラストレーターになる夢をもち、働きながら絵を描いていました。

ある日、目の病気に襲われます。
すぐに入院となり、手術。
見落としが発覚し、再手術。
その間に他の病気も併発。
入院は長期に及び、仕事と夢と恋、全てを一度に失ってしまいました。
どん底でした。
生きる気力を失いました。
このまま、消えてしまいたい、と……

この時、私をそばで支えてくれた人達のことは、一生忘れません。

退院後、新しい職場で出来た友人に、スピリチュアル系のあるイベントに誘われます。
なぜかそこで出会ったのが、ベリーダンス。

全然踊れてないんだけれど(笑)
とにかく楽しい! 何これ‼︎
私は生きているーーと、こんなに強く確かに感じたことは、それまでになかったかも知れません。
私はベリーダンスに夢中になりました。

ところが、その後…
職場で部署異動があり、私は新規立ち上げの、ほぼ毎日終電帰りの部署に配属されました。

2〜3ヶ月後、気胸(肺に穴が開く病気)で入院、手術。

人間の心と身体は繋がっています。
悲しみは肺に現れる、と云います。
周りはストレスだと言いました。
でも私は、仕事のせいでベリーダンスを踊れなくなってしまった悲しみが原因だと思っています。
これ以上間違った方向に行かないで!という、魂からのサインだと感じました。

それから私は、自分を大切にすることーー癒しに興味をもちました。
自分を癒し、人をも癒すことが出来たなら……
そう思い、ボディセラピストの道を歩み始めました。
そして、ベリーダンスも再開して頑張り続けていたので、講師やダンサーのお仕事をさせて頂くようになりました。

「お姉さん、手から何か出てますね。何か、気のようなもの。暖かい」
お客様にそう言って頂けるようになり、セラピストの仕事にやりがいを感じていました。
ところが、働くサロンが次々と、閉店していくのです。
一方で、ベリーダンス講師の仕事は、ご紹介でどんどん増えていきます。
ある時、ベリーダンスのみを生業とすることが出来るようになりました。
「それは(ベリーダンスの世界に)呼ばれたんだね」
周りからはそう言われました。

(今思うと目の病気も、この世界へ来るための魂からのサインだったのかも知れません。今は病気にも感謝しています。)

その直後に東日本大震災が起きたりして苦労もありましたが、今は沢山のステキな生徒さんたちと一緒に、毎日楽しく踊らせて頂いています。

私を救い、私の人生を変えてくれた、ベリーダンス。
このダンスを、沢山の女性に伝えていきたい。
人生を心から楽しむ女性を増やしたい。
そして、そんなママを見て育つ子供たちが作る未来は、きっと明るい未来になる。
私はそう信じています。

©2017 Al Shira Oriental Danch Stadio All rights reserved